上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
100411_1141~02
満開の桜とちびっこたち
ぽちきゅうらきあに
(写ってないけど とらちゃんはお庭の向こう側にいるよ)

100411_1146~01
みんなが楽しく遊んでいる横で
早くおうちに入りたくてしかたないめいちゃん


*****
手術から4日経って
ララーも既に絶好調?!
痛みもほとんどなく
というか 痛いよりも
もう遊びたくて仕方ないようです
もう少しの我慢だからね
スポンサーサイト
2010.04.11 Sun l わんこたち l コメント (0) l top
やっぱりくっついて眠ってるよ
100411_1025~01
2010.04.11 Sun l わんこたち l コメント (0) l top
4月8日(木)
午後になってようやく落ち着いてきたララー
やっと寝てくれるようになりました

このまま日ごとに良くなって
早く抜糸の日を迎えられるといいね

早くも掻くようなしぐさを見せたので
手術したところを掻かないように
洋服を着せた

もう大丈夫かな
わんちゃんだから
回復力も人よりは早いので
1日1日見守っていこう

ララー♪
早くカラーも取れて抜糸も済んで
またボール投げしようね!!

2010.04.08 Thu l わんこたち l コメント (0) l top
今日は絶対に一緒に寝る
そう決めていた

とにかく心配だったし
ララーも不安そうだったし
どうしてもずっと一緒にいて様子を見ていたかった

最初はララーのハウスの横で寝ようと思っていたのだけれど
ララーも落ち着かないので
リビングにララー用のお布団を敷いて
その横で私が寝ることに

だけど・・・
痛くて痛くてたまらないようで
10分も寝ていられないララー
伏せして少しじっとしていると
すぐに起きてふらふらしだす
夜中ずっとこの繰り返し

きっととってもとってもとっても痛かったのだろう
どうにか痛みをやわらげてあげたかったけれど
お布団を整えてあげることくらいしができない
自分が歯がゆかった

明け方ほんの少しだけ眠ることができたララーと私でした
2010.04.07 Wed l わんこたち l コメント (0) l top
午後4時11分
電話が鳴る
「あ、病院からだ!!」
そう叫んで受話器に飛びついた
「無事に終わって 麻酔からも覚め始めているので
 4時30分以降であれば いつでもお迎え大丈夫です」
とのこと

一気に用事を済ませて
すっ飛んで行った
病院まで高速を使って約30分
急ぎたい気持ちと
急いで何かあったら元も子もない気持ちと
複雑な気持ちで 
気持ちだけが急いていた

午後5時少し前病院に着く
早く会いたい
この気持ちだけ

待合室で待っていると
診察室が見える方に座って待っていらした方たちから
「お~っかっこいい 大きい」
と声いう声
間違いなくララーのことだ
ごつごつっとドアに体がぶつかる音もした

診察室で会ったララーは
まだ麻酔が覚めきらず 目はうつろ 脚もふらふら
でも私が来たのはわかるらしく
時々目を合わせるも
目は出入り口を見ている

「手術をするまで すごく大人しくて良い子に待っていましたよ
 手術が終わって 麻酔が覚め始めて来たら
 とにかく帰りたいという気持ちが強いようで 遠吠えしていました
 すごく痛いと思うのですが 痛い気持ちより早く帰りたいようなので
 おうちでゆっくりさせてあげてくださいね」

ララーを抱きしめたい気持ちを抑えつつ
とりあえず大好きな車に乗せて
私は先生からお話を伺った

車の中でもずっとぴ~ぴ~ぴ~ぴ~
痛いのか ちょっともじっとしていられない
時々ララーを撫でながら
どうにかこうにか家に着いた

まず庭に連れて行くと
ものすごいおしっこの量
ずっと我慢していたようだ

ハウスに入ったら
すぐにぐっすり眠ってしまった
先生に言われた時間の夜7時に
お水を少し飲ませたかったけれど
全く起きないので
そのまま寝かせることにした
2010.04.07 Wed l わんこたち l コメント (0) l top
前日は早めに夕ごはんをあげて
お水も少量で
今朝は絶食 絶水

朝一番で病院に預けて
夕方お迎えです

実は 
ララーが私の手元から離れるのは
今日が初めて

他の人にリードを託したこともなければ
預けたこともない
家でのお留守番はあるけれど
すごくすごく心配だった

病院大好きのララー
診察室に入って
前処置の注射を打って
「じゃあ これで一応ララーくんお預かりしますね」
の言葉にどっきどっきの私

でも
ララーはニコニコして
先生に連れられて診察室の奥へ入って行った

夕方まで時間があるので
一度帰宅することにしているのだけれど
心配で しばらく病院の向かいの駐車場から
病院の建物を眺めていた

ララーの声がもし聞こえたら
すぐに飛んで行くよっ!!
っていう気持ちで。。。
実際には 声なんて聞こえようもないのだけれど・・・

不安な気持ちを持ちつつ帰宅

1日中 ララーのことが頭をめぐっていた

2010.04.07 Wed l わんこたち l コメント (0) l top
今日から一緒だよ あ~ちゃん&きゅうちゃん
100406_1854~01

小さいベッドに一緒に入ってるよ
2つベッドを入れてみたけれど
どうしても一緒に小さなベッドに入るので1つにしてみた
100406_1855~03

めいぽちとららきハウス
やっぱり3ピン一緒に入ってるよ
ここにぽちも入るよ
100406_1855~04

超密着して眠るちびっこたち
2010.04.06 Tue l わんこたち l コメント (0) l top
lalar20100406sakura.jpg
にこにこっ
ララーの笑顔は最高だなっ
2010.04.06 Tue l わんこたち l コメント (0) l top
100402_1112~01
ララーの病院へ
おとといの触診の結果
腰を痛めているらしいララー

歩くことをすごく痛がって
階段の上り下りなど
そろそろ そろそろ っと
後ろ脚をかばって歩いているララー
時に大きな悲鳴をあげていた
その声が辛くて
きっととてもとてもとてもとても痛いのだろうと思う

そして
もし何か大きな病気や関節に大きなトラブルをかかえているといけないので
レントゲンを撮ることになりました

全身麻酔でのレントゲン撮影の結果
心配していた個所も特別大きな問題ははく
痛みのひどいときには鎮痛薬を飲むということで

けれど体を動かして遊ぶことが大好きなララー
先生もよくおわかりで
「この子は痛みがなくなると きっとすぐにはしゃいで動きまわってしまうと思うので
 痛み止めも様子を見ながらにしてくださいね
 少し痛くて自分からじっとしていようと思ってくれるくらいの方がいいので」
とのこと
その通り!

ララーには痛い思いをさせてしまうけれど
それが一番治るのに近道だと思うので
しばらく安静にしていようね

それから・・・
このレントゲン撮影のため
ララーの体を色々してみてわかったのですが
左前脚の付け根部分の皮膚の奥に
少し大きめのしこりを発見し
針を刺しての診断で脂肪種であるようですが
切除することになりました

また痛みを与えてしまうのは辛いけれど
腰痛のために安静が必要なこの時期に
全てやってしまった方がいいかなと思い決断しました

手術日は4月7日(水)
ちょっとというか かなり不安でドキドキしています
2010.04.02 Fri l わんこたち l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。